• 富山県高岡市女性の味方クリエイター

    長文ですが、お付き合いいただけると嬉しいです。
    なぜこのイベントをと思いついたかと言うと、私の元にも毎年お友達から多くの入園グッズの制作の依頼がやってきます。

    作る技術が無いから。作る時間が無いから。既製品は好みのが見つからないから。様々な理由がありますが、ママたちみんなに共通するのは
    「みんなわがままーーー!!(笑)」です!
    A子「こんな色・柄で作って!生地?無いよ!だって生地の買い方しらないもん!」
    B子「生地持ってきたから作って!」私「スモック作るのに50cmじゃたりないよ!」
    C子「ここをこうしてあーして、こうしてほしい!」私「構造上無理だよ!」
    D子「これで作って!」私「この薄さの生地でバッグ作ったら強度がたりないよ!」
    E子「入園式までお願い!」私「今日4月1日だけどエイプリルフールじゃないよね!?」
    という風になかなかすんなり進まないのがお決まり
    それも子どもたちの新生活を彩るため。ママたちも一生懸命!
    ただ…構造がわからない、素材の名称もわからない、どんな仕上がりになるように依頼すればいいのかもわからない。だってミシンを最後に触ったの、小6だもの!

    生地買って、依頼して、意味わからん言われて、材料足らんいわれて、また買い足してとか面倒だろうな…とは思うのですが、こちらで素材を選ぶとトラブルになりかねない。とか

    そういう雰囲気のはあの作家さんが得意なんだよなー。とか

    私(作る側)ももっと効率的に、お互いにスムーズに行かないものか。とか常々思っていました。

    それと並行してママたちは新生活の事で考えることがいっぱい。
    久しぶりの職場、不安はつきもの。
    新しい職場、期待は大きいけど不安も半分!
    育児を理由にゆる~くやってた家事。これからは真剣にやらなくちゃ!
    入園式に何着よう!もう園の役員回ってきた!自治会の役員もあるんだけど!!・・・
    入園グッズの事に100%力を注げないのは明白!
    じゃあいろんな作家さんが集まってそれぞれに得意な分野を持ち寄って色んなママさんたちがわがままを持ち寄っても対応できるマルシェをしたらどうだろう!

    それがママ♡マルシェ2018春のコンセプトとなりました。
    また、趣味の延長から始めたハンドメイド出店ですが、富山ではまだまだ出店できるフィールドがありません。

    と友人に話すと、
    「え?○○クラフトとか××マーケットとかあるじゃん!」
    って言われるのがおきまりなんですが、それはそれで超素敵なんだけど、ここにはDIYの域を優に超えた職人の技が全国から集まるのよ。手しごとの天下一武道会なのよ。ほっこりあったかなハンドメイド市とちょっとちがうのよー!

    そもそもそんなイベントに、ママの手づくり小物を出すって、プロ野球リーグに草野球のチームが紛れ込むようなもん!パリコレに読者モデルが出るようなもん!高級割烹のお店のメニューになぜかたこ焼きがあるようなもん!

    実際、そのようなイベントにエントリーして、まさか主催者から前日になって断られるという苦い思い出もあります。

    私は草野球だし、読者モデルだし、たこ焼きだけど、自分はそれを楽しんでいるし、喜んでくれる人たちもいてくれる。
    私が提供できるのは工業用ミシンで縫われた、大人だけで出かけるときにいい感じの革のトートバッグ¥20,000じゃなくて、家庭用ミシンで縫われた保育園に持っていくのにいい感じの可愛い生地のレッスンバッグ¥3,000。毎日、絵本とか、クレヨンで描いた芸術品や、いっぱい外で遊んで汚れた服とか、時に💩の付いたオムツを思いっきり入れられるウキウキするバッグ。私もやりたい!って言ってくれる人がいたらどうぞどうぞようこそ!って言えるのが草野球のいいところ💖
    この感覚を出店者と来場者で共有したい!そう考えたときにこういうフィールドが少ないのはもったいない!と思ったんです。

    ママ♡マルシェが3年ぶりになってしまいましたが、このイベントで改めてエンジンかけて、富山にもうすこしハンドメイド市文化が根付くといいなと思っています。

    超長くなって取り止めがなくなるのがいつもの事ですみません。
    と、まあこんな想いでやってます^^

    出店お申し込み▼

    お問合せはお気軽に
    magnoliaddict★gmail.com
    (★を@に替えて送信してください。)


    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です